ケトン体が臭いの元?糖質制限による落とし穴の真相

ケトン体ダイエットで糖質制限をすると汗などの臭いが問題となることがあります。

糖質制限ダイエットでせっかくスリムになっても体臭がきつくなっては魅力半減です。

ケトン体ダイエットでの汗などの臭い対策について解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ケトン体による臭いとは

糖質制限によるケトン体で臭いが出ることなど、本当にあるのでしょうか。

結論としては体内にケトン体が増えると確かに臭います。

これはケトン体に含まれるアセトンという物質が原因となります。

アセトンはケトン体ではありますが、体内ではエネルギーにならないので、不要物として排出されます。

アセトンは揮発性、水溶性をもっているので、汗や呼気に混じって排出されるのでこのときに臭いが発生するのです。

この時はアセトン特有の甘酸っぱい臭いがします。

このアセトン臭がするということは体内でケトン体が作られているということなので、ケトン体ダイエットとしては成功しているということがいえます。

水分補給で臭い対策

アセトンの臭いで糖質制限ダイエットが成功の方向に進んでいるとしても、汗や息が臭ってしまうのはなんとかしたいですよね。

てっとり早い方法はとにかくアセトンを排出してしまうことです。

アセトンは水溶性なので、汗や尿として体外に出すことができます。

そもそもケトン体は血液中に増えると通常より酸性に近くなってしまうので、体内では尿として排出しようとする動きがあります。

なので、こまめに水分を補給してあげればアセトンを排出することができます。

また、軽い運動などで汗をかくこともアセトンを排出できますし、臭い予防につながります。

食生活で臭い対策

ケトン体ダイエットではケトン体を作り出すことが目的なのである程度のアセトン臭はさけられない部分ではあります。

もちろんアセトン臭はケトン体ダイエットでの臭いの原因の一つではありますが、実は他にも臭いの原因はあります。

それが消化器官の代謝不良です。

脂質やタンパク質をメインとした食事は消化に時間のかかる動物性食品を口にしがちになります。

すると、消化器官に負担がかかり、体内に老廃物がたまりやすくなります。

体内にたまった老廃物は腐敗してアンモニア臭などを発生させてしまいます。

このこともケトン体ダイエットでの汗などの臭いの原因となります。

その対策としては食生活を整えることです。

もちろん糖質制限中では糖質は増やせませんが、食物繊維を増やしたり、植物性の脂質やタンパク質の割合を増やすなどして、対策をとることができます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする