血中のケトン体濃度の数値を適正値に戻す運動療法のポイント

糖尿病では、病気の原因となる肥満を解消するために運動療法が取り入れられます。

しかし、運動療法をする際にはケトン体によるケトアシドーシスを注意する必要があります。

糖尿病の運動療法とケトン体について解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

運動によるケトン体の上下

ケトン体は糖の不足時に生み出されるエネルギー源です。

血液中に糖が十分にある場合はケトン体は増えません。

糖尿病などの異常がなければ、運動前は通常のケトン体濃度となっています。

運動をすれば、血液中からはどんどん糖がエネルギー源として使われていくので、糖不足になり、ケトン体不足となります。

もちろん短時間の運動であれば、糖はそこまで使われないのでケトン体は増えませんが、長時間の有酸素運動になれば糖不足によるケトン体濃度の上昇はよく見られるようになります。

長時間の有酸素運動ではケトン体の上昇に注意する必要があります。

糖尿病と運動療法

糖尿病ではその予防や治療法の一環として運動療法が取り入れられます。

糖尿病は肥満やストレスがその原因となる場合があります。

特に肥満は、糖を血液中から排出を促すインスリンというホルモンの働きが鈍り、血糖値があがるので糖尿病のリスクが高まります。

肥満解消は糖尿病の予防でとても大切なステップです。

そのため、糖尿病予防には運動療法が用いられます。

また、糖尿病発症後も、運動療法は用いられます。

運動療法では、筋肉量を増やし糖を使われやすくしたり、インスリンの働きを高めるといった糖尿病と直接関係のあるメリットがあります。

さらに、ストレス解消や、血液の循環を良くしたり、高血圧の改善などの副次的なメリットもあげられます。

ただし、糖尿病発症後の運動療法ではケトアシドーシスなど、いくつか注意する必要があります。

糖尿病の運動療法の注意点

糖尿病で運動療法をもちいる場合、最も注意するべきは糖尿病性ケトアシドーシスです。

ケトアシドーシスとは、ケトン体によって血液が酸性に近づいてしまう病気です。

糖尿病の場合、インスリン抵抗性やインスリンの分泌不足によって糖が細胞に取り入れられにくく、糖不足でケトン体が作られやすい状態になっています。

そのため、糖尿病で日頃からケトン体濃度が高まっていると、運動によってさらにケトン体が作られてケトアシドーシスとなることがあります。

その他にも、眼底出血や腎機能低下など、糖尿病が発症した後に運動療法を行う場合は合併症に注意する必要があります。

糖尿病の運動療法はかならず医師の指導の下に行う必要があります。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする