血液中にケトン体が増えるとアシドーシスとなるのはなぜか

血液検査ではケトン体の濃度を調べることがあります。

ケトン体の濃度はアシドーシスと関係があるからです。

ケトン体が増えるとなぜアシドーシスとなるのかを解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

血液と酸の関係について

健康な状態の人間の血液はpH7.35~7.45に保たれています。

pHは7が中性でそれより大きいとアルカリ性、それより小さいと酸性となるので、血液は常に弱アルカリ性の状態にあるということがいえます。

なぜ血液は弱アルカリ性の状態に保たれているかというと、代謝生成物に多い酸を中和したり、中間代謝物が電離していることから細胞膜からの流出を防ぐ目的があるとされています。

そんな血液とpHの関係ですが、血液をアルカリ性に保つ役割を担っているのは腎臓です。

腎臓では、血液の弱アルカリ性を保つために血液中に重炭酸イオンを補充したり、水素イオンを取り除くといったことが行われています。

アシドーシスとは

アシドーシスとは、本来アルカリ性であるはずの血液が酸性に傾いてしまっている病状のことをいいます。

ただし、pHが7未満の完全な酸性ということではなく、7.35未満で酸性に近づいている状態をアシドーシスといいます。

なぜ、アシドーシスの状態になってしまうかというと大きく2つの理由があります。

1つは血液中に多量の酸性代謝生成物が排出されてしまった状態で、代謝性アシドーシスと呼ばれます。

もう1つは呼吸性アシドーシスです。

なぜ呼吸とアシドーシスに関係があるかというと、先程書いたように、腎臓では重炭酸イオンを血液中に補充することで血液を弱アルカリ性に保ちます。

重炭酸イオンは血液中の水素イオンと結合することで二酸化炭素となります。

二酸化炭素は肺から呼気として排出されます。

この二酸化炭素の排出が上手く行われない状態となってしまったのが呼吸性アシドーシスです。

ケトン体とアシドーシス

ケトン体とアシドーシスの間にはどのような関係があるのでしょう。

ケトン体とはアセト酢酸、3-ヒドロキシ酪酸、アセトンの総称です。

酸の文字から見てわかるとおり、ケトン体の血液中の濃度があがるとpHは酸性に傾きます。

このケトン体によって起きるアシドーシスのことをケトアシドーシスと呼びます。

ではなぜケトン体が増えてしまうのでしょう。

ケトン体は基本的には体内に糖が不足したときに代わりのエネルギー源として肝臓で生成されるのですが、糖尿病で糖がうまく利用できない場合も生成されます。

そのためケトアシドーシスは糖尿病の1つのサインとされます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする