ケトン体の量が異常となったときの症状や、その原因とは

ケトン体を利用した健康法がある一方で、ケトン体が増えたことによる体の異常についても注意が必要とされます。

今回はケトン体が増える原因や異常となったときに現れる症状などについて解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ケトン体とは

ケトン体は、簡単に言うと糖がなくなったときのエネルギーです。

人間の体は糖が不足すると脂肪やタンパク質をエネルギーとして利用するようになります。

しかし、脳は筋肉や他の臓器とは違い、細胞に脂肪やタンパク質をエネルギー源として取り込むことができません。

そこで肝臓では糖に変わるエネルギーとしてケトン体を作るようになります。

ケトン体は筋肉や臓器などの細胞でもエネルギーとして使われますが、脳もエネルギーとして使うことができます。

ケトン体が増える原因

ケトン体が増える原因は先程も書いたように、体内で糖が不足してしまうということがあります。

例えば赤ちゃんは、母乳やミルクなどのタンパク質に偏った食事なのでケトン体が体内に多くあります。

妊娠中もエネルギーを大量に消費するので、糖が不足し勝ちになりケトン体が増える原因となることもあります。

他には、ダイエットなどで糖質制限をするなどといったことも原因となります。

最もやっかいなのは、糖尿病です。

糖尿病になると、インスリン分泌がうまくされなくなります。

インスリンが分泌されないと、血液中の糖はエネルギーとして細胞に届けられなくなり、糖があるにも関わらず、全身では糖が不足するという異常な状態になります。

このとき肝臓では糖が不足したと勘違いしてケトン体が生成されるようになり、血液中に異常にケトン体が増えるようになります。

ケトン体が増えたときの症状とは

ケトン体が増えたときの症状としては、まず挙げられるのがアセトン臭です。

ケトン体の1つにアセトンがあります。

アセトンは揮発性があるので呼気に混じって排出されます。

アセトンには果物が腐敗したような甘酸っぱい独特の臭いがあるので、呼気にアセトンが含まれるとこういった臭いがするという症状がでます。

また、ケトン体は水に溶けると酸性を示します。

そのため血液中にケトン体が異常に増えると、血液が酸性状態に近づくアシドーシスという状態になることがあります。

血液は通常、弱アルカリ性を保っていますが、ケトン体異常で酸性に傾くことで様々な症状が出てきます。

アシドーシスの症状としては、吐き気や腹痛、倦怠感などから、ひどくなると意識障害を引き起こすこともあります。

アシドーシスは糖尿病の場合は重症化する場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする