ケトン体が増える原因はインスリン分泌に理由が?その真相とは

糖尿病に関係してよく名前が挙げられるインスリンですが、インスリン分泌量はケトン体の量と相関関係があります。

インスリン分泌量とケトン体の関係について解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

インスリンとは

インスリンは膵臓から分泌されるホルモンの1種です。

インスリンの主な機能としては血糖値の調整です。

血糖値が高まると、膵臓からインスリン分泌がされるようになります。

インスリン分泌がはじまると、脂肪組織や筋組織に存在するグルコーストランスポーターと呼ばれる物質が血液中から糖を細胞内に取り込むようになります。

その他にも、タンパク質合成の促進や、肝臓での糖新生の抑制など、様々な方面から血糖値を下げる作用があります。

インスリン分泌は血糖値を下げる最初のきっかけとなります。

糖尿病ではインスリンが不足するので外部から補充することが必要です。

しかし、インスリンはタンパク質なので消化器官で分解されてしまうため経口摂取ではなく、注射で投与する必要があります。

インスリン分泌量の変化

インスリン分泌量の変化は通常では血糖値によって変化します。

食後などで血糖値があがると、インスリン分泌量が増え、血液中の糖を積極的に体内に取り込もうとします。

しかし、インスリンが正しく機能しないことがあります。

他内の脂肪分が多い、肥満症のからだでは悪性ホルモンの分泌によってインスリンの作用が十分に発揮されないことがあります。

その場合、膵臓は大量のインスリンを分泌します。

すると今度はインスリンを受け入れる細胞の窓口となるレセプターが不足します。

これによって血糖の利用効率がさがるので、血糖値が下がりにくくなり糖尿病が始まります。

さらにこの異常が進むと膵臓のインスリン分泌自体が低下して糖尿病が進行します。

通常は血糖値によって変化するインスリン分泌量ですが、こういった糖尿病進行のプロセスでも変化します。

ケトン体とインスリン分泌

糖尿病では血糖値の高さとおなじく血液中のケトン体の量にも注目されます。

ケトン体は糖が不足すると生成されます。

しかし、インスリン不足で糖が脂肪組織や筋組織に取り込まれなくなったときにも生成されます。

糖尿病ではケトン体が増えると、血液が酸性に傾くケトアシドーシスなることがあります。

糖尿病によるケトアシドーシスは糖尿病性ケトアシドーシスと呼ばれ、命の危険もあるので注意が必要です。

糖尿病の場合、インスリン注射などでインスリン分泌量をコントロールします。

糖尿病性ケトアシドーシスを予防するにはインスリン注射を医師の処方通りに行うことなどが大切です。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする