ケトン体を増やすと脂肪や筋肉が減ってしまうのか?その関係とは

ケトン体を増やすことが脂肪を減少させるということについてはよく言われますが、筋肉まで落ちてしまうという話もあります。

ケトン体ダイエットでせっかく脂肪が減っても、筋肉が落ちてしまってはリバウンドの可能性も高くなってしまいます。

ケトン体で筋肉は落ちてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

筋肉が減るカタボリック

筋肉の増減にはアナボリックとカタボリックが関係しています。

アナボリックとは体の組織が新しく作られることです。

逆にカタボリックは分解されることです。

カタボリックよりもアナボリックが多くなれば筋肉は増えますし、逆になれば筋肉は減ります。

トレーニングはアナボリックを促進する行動ですが、エネルギーを使います。

人間の体はエネルギー不足になると、筋肉を分解してエネルギーにしようという動き、つまりカタボリックが起こります。

筋トレでの脂肪の減らし方と筋肉の増やし方

トレーニングなどで筋肉を増やすことをバルクアップといいます。

バルクアップで最も大切なのがカロリー収支です。

バルクアップをするときは、必ず消費カロリーよりも摂取カロリーが多くなるようにします。

これをしないとカタボリックが起きてしまうからです。

当然ですが、消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと筋肉だけでなく脂肪も増えてしまいます。

筋骨隆々で体脂肪率は一桁のボディービルダー達も、バルクアップしている時期は筋肉だけでなく脂肪も多くついています。

筋肉を増やす場合は、脂肪がある程度増えることが仕方のないことです。

ボディービルダーはバルクアップのあと、大会などに向けて減量を行います。

この減量期間中はカタボリックが起きやすいので、糖質を減らすことで徐々に総カロリーを減らします。

糖質を減らした分、タンパク質を増やすことでカタボリックを防ぎます。

筋トレと同時進行できるケトン体体質作り

カタボリックを防ぐときに大切なのは、消費カロリーよりも摂取カロリーを多くするということです。

ケトン体体質を作る場合のポイントは糖質制限であり、カロリー制限ではありません。

消費カロリーと摂取カロリーのバランスを上手くとることで、ケトン体体質を目指しながら筋肉量をキープすることができます。

ただし、このときの食事のポイントとして、タンパク質ではなく脂質をメインにするということです。

通常、筋肉を増やすためにはその原料となるタンパク質が大切になりますが、タンパク質は糖質不足の体では糖新生といって、体内で糖質になる原料となります。

そのため、ケトン体体質を作る場合は、タンパク質の量も制限されます。

ケトン体体質作りと筋肉作りを同時進行する場合はタンパク質の量に気をつける必要があります。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする