ケトン体ダイエットの1週間のローテーションのポイントとは

ケトン体ダイエットは1週間でも効果があるのでしょうか。

また、ケトン体はどれくらいの期間行えばよいのでしょう。

ケトン体ダイエットの1週間についてみていきましょう。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

1週間の糖質制限でどれくらい痩せるのか

ダイエット、特に体質改善を狙ったダイエットでは効果が出るまでに長期間かかることがあったりします。

ケトン体ダイエットではどうなのでしょう。

ケトン体ダイエットは糖質を極端に制限するダイエットです。

1週間のケトン体ダイエットを実践した場合、効果はバラバラです。

これはケトン体ダイエットではカロリー制限がないからです。

糖質制限と共にカロリー制限も行うと1週間でも極端に体重は減りますが、カロリー制限を行わなければ、糖質制限が正しく行われていても体重が減らないといったこともあります。

ケトン体ダイエットは脂肪をケトン体というエネルギー源に変換して減らしていこうというダイエットです。

1週間の糖質制限とカロリー制限で減る体重はケトン体による体重減少とはいえません。

やはりケトン体ダイエットにおいても、1週間では具体的な成果は得られにくいということはいえます。

ケトン体ダイエットの期間とは

ケトン体ダイエットでは、最初の1週間~2週間、極端な糖質制限を行います。

最初の1週間は摂取カロリーの5%程度まで糖質を制限します。

その後、1週間ごとに糖質を1%づつ戻していきます。

最終的には20%まで戻します。

極端な糖質制限は最初の1週間~2週間だけです。

長期間、極端に糖質が少ない状態が続くと筋肉のタンパク質を分解して糖質に変えるカタボリックという状態になり、代謝が下がってしまいダイエットという意味では逆効果となることもあります。

また、体調面でも不調が出てくる可能性があるので、長期間のケトン体ダイエットは控えるようにしましょう。

ケトン体が出来ているかの確認

ケトン体ダイエットの糖質制限を、1週間、2週間と続けていくなかで、ケトン体が体内で作られていることはどの様に確認すればよいのでしょう。

最も簡単な方法はケトン臭で確認することです。

ケトン体にはアセトンが含まれているので、体内にケトン体が増えるとアセトン臭がします。

アセトン臭は甘酸っぱい臭いとされます。

呼気や汗、尿からアセトン臭がしたら、体内でケトン体が作られたことになります。

ケトン体は糖尿病でも重要な検査項目にあげられます。

なので、検査キットが市販されています。

簡易的には尿検査で行うことができます。

試験紙でケトン体が尿に含まれているかを確認することができます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする