ケトン体はカロリー制限と密接な関係がある?その関係とは

糖質制限、ケトジェニックなどのダイエットがよく話題になったります。

糖質制限をするとケトン体が増えて脂肪が減るといったことがよく言われたりもしますが、実際はどうなのでしょう。

カロリー制限などは必要ないのでしょうか。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ケトン食で制限されるもの

ケトン体を意識したケトン食では糖質を厳しく制限します。

また、ケトン体ダイエットではなくても、糖質制限をした食生活をするとケトン体は増えます。

ケトン体は体内が糖質不足の状態になったときに、肝臓で作られるものです。

糖は人間が活動していく上で必要な栄養素なのですが、人間の体は糖を食べなくても、糖新生といってタンパク質から糖を作ることができます。

また、脂肪からケトン体を作り出すことで糖の代わりのエネルギーとして利用することもできます。

これを利用することがケトジェニックだったり、糖質制限と言われるものなのです。

カロリー制限の問題点

糖質制限やケトン食では糖質は制限しますが、カロリー制限は行いません。

これには理由があります。

糖質制限やケトン食をはじめると体に負担がかかります。

糖質制限で倦怠感などを感じたという人は少なくないでしょう。

そんな状態でさらにカロリー制限をしてしまうと、人間の体はエネルギー不足となって栄養失調を起こしてしまいます。

また、先程書いたように、糖質制限中の体内では脂肪やタンパク質がエネルギーとして使われます。

このとき、体の中に蓄えられている脂肪を使うことは問題ないのですが、タンパク質が問題です。

タンパク質が不足すると筋肉が分解されます。

筋肉が分解されてしまうと、代謝が落ちたり、運動でも脂肪が燃えにくくなったりします。

つまりダイエット効果がさがってしまうのです。

糖質制限やケトン食ではカロリー制限をしてしまうと悪影響が出る場合があります。

食べ過ぎは大丈夫なのか

カロリー制限は行いませんが、逆に食べ過ぎはどうなのでしょう。

まず大前提ですが、自然食材であれば、糖質ゼロといった食材はほとんどありません。

肉類でも糖質は含まれています。

糖質の量が制限されているということは、カロリー制限こそないものの、食事の量は制限されるのです。

さらにケトン体のことを考えると、タンパク質のとりすぎにも注意が必要になります。

タンパク質は体内で糖新生に利用されます。

糖質制限中にタンパク質を大量に取ると、結局体内で糖に変換されてしまうので体内の糖質量が変わらないといったことになってしまいかねません。

カロリー制限がなくても食べ過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする