ケトン体はインスリンが関係?ケトン体ダイエットの注意点

ダイエットなどでよく耳にするようになったケトン体。

ケトン体の量は糖尿病などで耳にするインスリンと関係があります。

ダイエットとケトン体、インスリンの関係についてみていきましょう。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

肥満とインスリン

インスリンと言えば、糖尿病の原因とも言われますが、インスリン分泌と深く関わりがあるのが肥満です。

インスリンは糖を血液から細胞に取り込む指令を出すホルモンなのですが、インスリンが不足することで、血液中の糖が使われなくなり糖尿病となります。

肥満の人の体はホルモンに異常が現れてインスリンの効果が薄れるようになります。

インスリンの効果が薄くなると、糖が細胞に取り込まれなくなるので血糖値があがります。

そのため、糖尿病を予防するにはダイエットが必要となります。

インスリンとダイエット

ダイエットをすれば、肥満が解消されるのでインスリンの効果も高まり、糖尿病のリスクは回避されます。

そのためインスリン値を正常化するにはダイエットが必要です。

しかし、過度な糖質制限などのダイエットをするとインスリンは分泌されなくなります。

それは糖が不足するからです。

血液中に糖がなければ当然インスリンは分泌されません。

糖制限ダイエットなどをすればインスリンの量は減ることになります。

ただし、ダイエットで血糖値が低くなってインスリンの量が減ること自体は、健康を害する直接的な要因にはなりません。

人間の体は糖が不足してもタンパク質や脂質をエネルギーとすることができます。

ダイエットとケトン体

ケトン体は糖の量と密接に関係した体のエネルギー源です。

通常時、人間の体は糖を分解してエネルギー源としますが、糖が不足したときはケトン体が糖の代役として生成されます。

ダイエットで、糖を制限すると、体は糖分不足となってケトン体が増えます。

ケトン体は脂質やタンパク質から生成されます。

ケトン体が生成されることは脂肪が使われるということなのでダイエットとしては喜ばしいことではあります。

ただし、ケトン体が異常に生成されると血液が酸性に近づくアシドーシスとなる危険性もあるので注意が必要です。

インスリンとケトン体

糖が血液中にある状態、血糖値が高い状態でもケトン体が増えることがあります。

それはインスリン不足によるものです。

インスリンが不足すると、血液中の糖は細胞内に取り込まれることがないので、糖分不足と同じような状態になります。

この場合も、ケトン体が生成されます。

これは糖尿病の人の体内でよく行われるケトン体の生成過程です。

糖尿病ではインスリンの分泌量が少なくなるので、ケトン体が生成されやすくなります。

ダイエットという面では味方にもなるケトン体ですが糖尿病ではケトン体の増加はアシドーシスに直結するので注意が必要です。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする