ケトン体ダイエットではカロリー制限はどのようにすればよいのか

ケトン体ダイエットでは糖質制限は行いますが、カロリー制限は特に行いません。

糖質制限とカロリー制限の違いなどについて解説していきます。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

糖質制限とカロリー制限の違い

ダイエットといえばカロリー制限が一般的ですが、ケトン体ダイエットでは糖質制限を行います。

カロリー制限は、食べるものの量を制限しますが、糖質制限は食べるものの量ではなく栄養素を制限します。

人間がエネルギー源としてる栄養素に3大栄養素というものがあります。

3大栄養素とは脂質、タンパク質、糖質です。

このうち、糖質を制限してしまうのがいわゆる糖質制限です。

糖質は3大栄養素とされていますが、最近の研究では必ずしも食物から摂取しなければならない必須栄養素ではないとされています。

糖質が体内で不足すると、体内ではケトン体という物質が脂質やタンパク質から作られます。

このケトン体が糖質の代わりとなって働いてくれるので糖質を制限しても大丈夫なのです。

ケトン体ダイエットではカロリーは制限しないかわりに、糖質が制限することでケトン体を体内に作り出し、ダイエット効果を生み出します。

メリットとデメリット

カロリー制限と違い、糖質制限では1日の摂取カロリーに制限がないので空腹感と戦う必要がないというメリットがあります。

また、先程あげたように、糖質制限では脂肪からケトン体を作ってエネルギー源とするので脂肪を減らしやすいという効果があります。

糖質制限のデメリットとしては、栄養バランスを崩しやすいということがあげられます。

糖質制限では食べられる食品が制限されるので、限定された食生活になり、栄養に偏りがでることがあります。

また、糖質不足に慣れるまでは自律神経のバランスが崩れたり、精神的にイライラしやすいといったこともあります。

カロリー制限は必要ないのか

ケトン体ダイエットでは糖質は制限しますが、カロリー制限は必要ないのでしょうか。

基本的にケトン体ダイエットではカロリー制限はしません。

その理由としては、ケトン体を体内に作り出すにはある程度の脂質やタンパク質が必要なので、それらを食品から摂るということが大切だからです。

さらに、糖質制限中は体に負担がかかっているので、カロリー制限までしてしまうと栄養不足やストレスで体調を壊すこともあります。

またケトン体ダイエットにおける糖質制限では1日の糖質の量が制限されるので、必然的に1日に食べられる最大カロリーにも制限がかかります。

糖質といえばご飯やパンに多く含まれていますが、肉や野菜にも糖質は含まれています。

そういった食品ごとの栄養に気をつけながら食事を選ぶのがケトン体ダイエットです。

スポンサーリンク
ketone-bodiesレクタングル大

ketone-bodiesレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする